デジタルマーケティング Webマーケティング マーケティングオートメーションに関するコンサルティング

アクセス解析

アクセス解析

Webサイトのアクセスログの解析をご支援します。どのようなアクセス解析ツールを導入されていても分析をすることが可能です。(生ログからの解析は数値が正確に測定できないことが多数あるため承っておりません)

流入・経路・コンバージョン分析

アンダーワークスでは、アクセス解析を「流入」「経路/コンテンツ」「コンバージョン」に分けて解析サービスをご提供しています。 流入は、主に参照元URL/ページや検索エンジンの種類やキーワード、流入先ページ(ランディングページ)、流入時間、広告の種類などに分類し、どのような形で御社のWebサイトに来訪者が入ってきているのかを可視化します。 近年ではログイン済みユーザーの流入キーワードが「not provided」となってしまい、流入全体のうち、キーワードが判明するアクセスは少なくなりつつあります。ランディング先ページとそのコンテンツなどから流入全体傾向を明確にしていきます。 また、経路では、どのページが最も見られているか?どのページから最も離脱しているか?どの経路を通ってコンバージョンに至るのか?などユーザーの回遊状況を分析しレポート致します。 コンバージョンでは、コンバージョンプロセス(問い合わせや申込ページ全体)において、どのくらい離脱が発生しており、改善の余地があるのか?などを解析致します。

ヒューリスティック分析とあわせてアクセス解析

アクセス数などの数値は、ログ解析ツールが導入されていれば簡単に計測することができます。アンダーワークスでは、数値の根拠・理由(何故か)を「ヒューリスティック分析(実際に目視でページを見て、シナリオに沿ってWebサイトを使う)」を行いながら仮説立てします。 例えば、あるページだけが以上に離脱率が高くなっていた場合、単に「このページの離脱率が高くなっている」とするのではなく、このページは、ユーザーニーズの高いコンテンツ/リンクがページ下部に埋もれており、見つけられていないのではないか?それが離脱率につながっている可能性がある」と言った形で、数値の根拠を分析いたします。

ファクトだけなくインサイト(示唆)を出します

アクセス解析ツールから判明する数値だけをグラフ化し、レポートするだけであれば、ログ解析ツールだけで完結します。アンダーワークスでは、その数値が「何を意味しているのか?」「どう捉えるべきなのか?」と言った観点を重要視し、インサイトをご提供することが本質的なアクセス解析だと考えています。
成果物サンプル/イメージ
access-log-1 access-log-2
access-log-3 access-log-4

アクセス解析ツールの選定・導入

アンダーワークスでは、中立的な立場からどのような解析ツールを導入すべきか?アドバイスしています。異なるドメイン間の解析をどこまでするか?海外も含めて解析ツールを統一すべきか?など解析ツールの選定には様々な要因があります。特定のツールに依存しない弊社ならではのアドバイスをご提供しています。

KGI/KPIの策定支援

本来、アクセス解析は、目標数値(KGI/KPI)に対して進捗はどうか?何がボトルネックになっているのか?を導きだす手段です。このようなKGI/KPIの数値なく分析を行っても「全体概況をまず把握したい」「競合他社と比較して自社がどうかを知りたい」などの最低限の示唆は得られます。ただし、定期的にアクセス解析を実施する場合には、事前にきちんと目標数値(KGI/KPI)を設定することが重要です。 アンダーワークスではこうしたアクセス解析実施の前提となるKGI/KPIの策定支援もコンサルティングしています。 関連事例:アクセス解析とリニューアルの効果測定プロジェクト 関連記事:デジタルマーケティングにおけるアクセス解析の位置づけ 関連記事:アクセス解析のセグメンテーション分析で分かること