デジタルマーケティング Webマーケティング マーケティングオートメーションに関するコンサルティング

グローバルWebガバナンス

global-governance-wpdl

ホワイトペーパーダウンロードページへ

グローバルで全体最適を実現する-グローバルWebガバナンス

海外売上比率は増加の一途。上場企業のグローバルサイト保有率は8割以上

上場大手企業におけるグローバルサイト保有率は8割を超えると言われています。もはや英語サイトを持っていない企業の方が珍しいほど、マーケティング活動がグローバル化しています。国際協力銀行の調査(「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」2013年)によると、調査対象企業数百社の平均海外売上比率は4割にまで上昇しています。

現地任せの各国サイトがバラバラに運営されている

現地法人サイトがバラバラに運用されることで生じる課題海外現地法人における営業マーケティング活動が本格化する一方、各現地法人が運営するWebサイトの管理には明確な方針や基準がない、という企業は多く存在します。これが、グローバル全体で見た場合に、非効率な運用や余計なコスト、売上機会の損失につながっているのではないか、という課題認識につながっています。 こうした課題は、「コスト増や非効率な運営」「売上機会の損失」「ブランディングやリスク回避」という3つの要素に分類できます。

全体最適の視点で課題を洗い出し、ひとつの方針を定め最適化する「Webガバナンス」

こうした課題を解決し、全体最適の視点でWebサイトを管理することを「Webガバナンス」と呼びます。ただし、単純に国内の複数サイトを最適化する時と異なり、各国現地法人を巻き込んだWebガバナンスのプロジェクトは、コミュニケーションの面でもマーケティングや商習慣に関する考え方の違いなども影響し大変な困難が伴うことも多くあります。 例えば、自社の有する各国現地法人のWebサイトを一覧化し、誰が担当しているのかを明確にするだけでも一筋縄でいかないことが多くあります。 アンダーワークスでは、こういったグローバルWebガバナンスのプロジェクトに際して、コンサルタントという立場でプロジェクトの設計から実行支援、各国担当者との調整業務まであらゆるご支援をしています。

グローバルWebガバナンスプロジェクトにおける支援内容

社内の人的リソースだけでは困難なグローバルWebガバナンス推進プロセスを一貫してご支援し、Webサイト群の「表裏一体」ガバナンスを実現します。 service-global-process ・現状調査(各現地法人ヒアリング、サイト構造調査、テンプレート/ソースコード調査、インフラ/CMS調査) ・要件定義(Webサイト要件、CMS要件、インフラ要件、運用要件)※サイトに関わる「表裏一体」の要件定義 ・サイト設計(サイト構造設計、主要画面ワイヤーフレーム設計、詳細画面設計) ・CMS選定支援(CMS選定基準策定、CMSベンダー向けRFP策定、CMS選定基準に基づく詳細な機能比較実施など) ・プロジェクト管理(プロジェクト課題・進捗管理、グローバルなステークホルダーとの密な調整・コミュニケーション)

アンダーワークスが選ばれる理由

アンダーワークスは、以下の理由で多くのグローバル企業に選ばれています。 ・大企業のグローバルWebガバナンスにおける多数の実績 ・Webのみならず、英語/ITに強いコンサルタントが多数在籍 ・Webサイトの表側と裏側の知見を活用したプロジェクト推進力 ・ステークホルダーとの密な調整・コミュニケーション能力(現地に赴き、膝を突き合わせる/英語によるテレカンなど) 関連事例:グローバルWebガバナンスプロジェクト global-governance-wpdl

ホワイトペーパーダウンロードページへ