日経XTECH ACTIVE連載 第2回「あらゆる顧客接点のデータを統合する「CDP」、DMPやCRMとの違いは」

日経XTECH ACTIVEにおいて弊社代表 田島が寄稿する「カオスマップからひも解くデジタルマーケティング」連載の第2回目の記事が掲載されました。

第2回目は「あらゆる顧客接点のデータを統合する「CDP」、DMPやCRMとの違いは」というテーマで、CDPが注目される背景やCRMとDMPとの違い、主なツールが提供する機能や選択肢などを紹介しています。

連載記事
第2回目「あらゆる顧客接点のデータを統合する「CDP」、DMPやCRMとの違いは」

第1回目「BtoB企業で活用進む「企業データ活用」、成果を上げる四つの視点とは」

 

本連載「カオスマップからひも解くデジタルマーケティング」について
昨年10月に弊社が公表した「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2017」を参考にしながら、マーケティングテクノロジーの様々な分野を整理・解説し、主な日本国内での製品・サービス・ソリューションの選択肢を、中立性を保ちながら挙げていきます。

 

「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2017」
ダウンロードはこちら

Related Post

日経XTECH...

日経XTECH ACTIVE –...

...