• アナリティクス

Googleアナリティクスでユーザー数がセッション数より多くなる原因

T Yonekawa

Googleアナリティクスで分析する場合、さまざまな指標とディメンション、セグメントを組み合わせて分析をしていきます。基本的なレポートで定点観測している場合は問題ないですが、アドホックで分析していくと時折イレギュラーなケースに出会うこともあります。今回はユーザー数がセッション数を上回るときの原因と対策について解説します。

ユーザー、セッション、ページビューの違い

まず、それぞれの言葉の定義について確認していきましょう。

例えば下図のような2人のユーザー(AさんとBさん)がそれぞれサイトに来訪したとします。Aさんは3ページ、Bさんは2ページ閲覧し、離脱したとすると、各指標で表示される数はユーザー数:2、セッション数:2、ページビュー数:5となります。

ユーザー、セッション、ページビューの違い

カスタムレポートでユーザー数がセッション数より多くなるケース。

上記定義を踏まえるとユーザー数がセッション数よりも多くなることは基本的に無い。と考えられますが、カスタムレポートを作ると実際にはセッションよりもユーザー数が多くなるケースがあります。

ユーザー数がセッション数を上回るカスタムレポート

例えば、上図では指標にユーザー、セッション、ページビュー数、ディメンションをページにした場合のカスタムレポートですが、赤枠のページではユーザー数がセッション数を上回ってしまっています。

セッションは訪問の最初のページでしか計測されない。

例えば、下図のケースではセッションは最初のページのみ計測、ユーザー数はそれぞれのページで計測されるため、ページCだけ切り取ってみるとユーザー数2がセッション数0となりユーザー数がセッション数を上回ります。

ユーザーがセッション数を上回る

これはセッションは最初のページ、上の例でいうとAさんのページA、BさんのページBのみで1ずつカウントされるためユーザー数のほうが多くなる結果になります。

特定のページのセッション数は”ページ別訪問数”をみよう

一般的には「指標名がセッション数なのでシンプルに”セッション”の指標をみれば良いのでは?」と思われがちですが、特定のページ(このケースではページC)のセッション数を見る場合は、「ページ別訪問数」をみるのが正解となります。

これは”ページ別訪問数”の定義が「指定したページが1回以上閲覧されたセッション数」であるためで、ページ単位でセッションをみたい場合はこの指標を追加します。”ページ別訪問数”は重複を覗いたページビューとも言い換えられます。(英語ではユニーク ページビュー数)

同じケースで指標に”ページ別訪問数”を追加すると、それぞれページ単位でセッションをカウントするためページ別訪問数は1,2,2となりページ別訪問数とユーザーは同じになります。

セッションとページ別訪問数の違い

ページレベルのレポートでセッションをみたい場合はページ別訪問数を指標にしよう

Googleのヘルプでは”ユニークページビュー”という表現になっていますが、日本語のGoogleアナリティクス管理画面上では”ページ別訪問数”のことを指します。

参考記事:
カスタム レポートのユーザー数がセッション数より多くなる理由

Googleアナリティクスの用語は分かりづらいものもありますが、間違った認識の場合、計測結果のミスリードを起こす場合もありますので、各用語の理解は曖昧にせずに正確に理解しましょう。

参考URL:
アナリティクスでのウェブ セッションの算出方法

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ

具体的な支援内容OUR SERVICES

本カテゴリーに関する各種支援サービスをご用意しています。目的や課題に合ったサービスページをご覧ください。

デジタルマーケティングジャーナルDIGITAL
MARKETING
JOURNAL

デジタルマーケティングの最新トレンドや市場動向、テクノロジー解説、調査記事などを発信していくデジタルメディアです。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ