メンバー紹介MEET OUR TEAM

常に前向きで明るく!努力すれば必ず結果は出せると信じています

シニアコンサルタント
M. N.
PROFILE
2019年にアンダーワークスに入社。ロサンゼルスの大学を卒業後、デジタルクリエイティブエージェンシーでストラテジストとして従事。2019年帰国後、アンダーワークスに参画。現在は、シニアコンサルタントとして様々なプロジェクトで活躍。

アンダーワークスに入社するまでの経歴を教えてください

日本のインターナショナルスクールに通っていた関係で、大学はロサンゼルスの大学に進学しました。そのままロサンゼルスのデジタルエージェンシー会社に入社して、Webサイト分析、Web・SNSのコンテンツ戦略コンサルティング、イベントの企画実行、インフルエンサーマーケティングなどを行っていました。実はアメリカに残りたいという意志はありましたが、就職ビザが取れなくて日本に帰国することを決めました。

帰国後、デジタルマーケティング業界かつクライアントベースの仕事を続けたいと思っていました。英語と日本語両方を活かせる仕事という条件で探していたところ、リクルーターにアンダーワークスを紹介されました。

どうしてデジタルマーケティングの世界に興味を持ったのですか?

大学でデジタルマーケティングのクラスを取り、興味を持ちました。そのきっかけ、夏休み中や大学通いながらパートでしていたインターンシップは全てマーケティング・デジタルマーケティング関連の会社でした。

大学4年生の時にソーシャルメイディアエイジェンシーのデジタルストラテジストのアシスタントをしていて、エンゲージメントのデータ分析・レポーティング、ブランディングコンテンツ戦略、ソーシャルマネジメントツール比較・調査などをサポートする機会があり、この世界の面白みを感じるようになりました。

特にデジタルチャネルから取得できる顧客データからのインサイトを元に施策の戦略を考え、提案していくことに興味を持ち始め、データ分析・管理あたりをもっと勉強したいと思うようになりました。

様々なコンサルファームがある中で、アンダーワークスを選んだ決め手は何でしたか?

アメリカから日本に帰国後、私はリクルーターを通して仕事を探しており、担当者からUWを紹介されたのがきっかけでした。

決め手はメインに2つありました。1つ目はデジタルマーケティングの中でも幅広く色々なテーマを携わることができること。2つ目はオープンで透明性の高いカルチャーに惹かれたことです。ヒエラルキー関係なく、上司・同僚・部下に自分の意見・考えを言えることは大事だと思っていて、採用のインタビュー中にアンダーワークスのカルチャーに魅力を感じました。

実際にアンダーワークスに入社してみて入社前とのギャップはありましたか?

入社前に感じたカジュアルな印象のままの会社でした(笑)。チーム内の風通しは良いし、社内でコミュニケーションツールが整理されているので、わからない部分はすぐにZOOMなどを使って情報を整理できます。

あと意外に感じたところは、小さい会社でありながらオンボーディングサポートなど仕組みがわりとしっかりしていることに驚きました。前職も小さいエイジェンシーでして、全くストラクチャーが無い会社だったのでそことの比較に驚きました。

普段の業務内容・1週間のスケジュールについてを教えて下さい。

現在2年ほど支援しているBtoB企業のCDP(Customer data platform)プロジェクトを例に業務について説明させてください。

私たちのプロジェクトのテーマは、「最適な見込み顧客を営業チームに橋渡しするため」のシステム設計・データ統合です。

クライアントのマーケティングチームとタッグを組み、「最適な見込み顧客」にアプローチするための仕組み作りを行なっています。

様々な顧客データや行動履歴、マーケティングやセールスのデータなどを統合し、複数のツールと連携することで、企業アカウント単位で顧客の購入意向を分析するための仕組みを構築しています。

私は、その中でもクライアントにとって最適なCDP(Customer data platform)の構築を目指し、全体像の構築から設計まわりを担当しています。さらに、プロジェクトのプランニング、チームメンバーの管理や提案資料作りなども行なっています。

最近の働き方としては、在宅ワークが基本で、家で仕事をしています。業務の合間に近所のジムで体を動かしたり、散歩して気分転換するのが日課です。週に4〜5回はジムに行くようにしていますね。アウトドア派なので、お休みの時は冬はスノーボード、夏はサーフィンやキャンプなどでリフレッシュして楽しんでいます。

仕事において前の経験を活かせている点、新しく身についた点は何ですか?

前職では複数のプロジェクトを並行してアサインされていたり、リソース不足もあったので毎日かなり忙しくタスク・作業で埋もれていました、、でもその中でタスク管理、タイムマネジメントのスキルが身についたと思います。

今はシニアコンサルタントとして自分のタスクだけではなく、クライアント、部下、ベンダーなどプロジェクト全体のタスクをマネジメントしていく中でここは活かせているのかなと思います。

アンダーワークスに入るまではリーダーとしてプロジェクトを回すという経験は一切ありませんでした。プロジェクト全体の進め方とスケジュールを整理したり、タスクをチームメンバーに割り振るなど、シニアコンサルタントとしてリードする立場になってから身についてきたと思います。

今の仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

クライアントから褒められたり、信頼されていると感じる時はやりがいを感じますね。あとは、プロジェクトでは困難な課題が時々出てきたりしますが、そこをクライアントと一緒に立ち向かって改善できた時もやりがいを感じます!

今後のキャリアパスや目標を教えてください

アンダーワークスに入社した理由が「マーケティングテクノロジーのスキルを身につけたい!」だったので、そこを引き続き伸ばしていきたいですね。

SQLの構築などでデータ周りに強くなってきたと感じるので、テクニカルなスキルをもっと磨いて幅広いデジタルマーケティングの知識を得た上で、より多くのクライアントに貢献していけるようになりたいです。

グローバルでも活躍したいと思っています。アメリカでの就職経験を活かし、現在はグローバル案件を担当しています。色々なバックグランドの人とお仕事してきた経験をグローバル市場で活かせたらと思ってます!

どんなメンバーと働きたいですか?
今後アンダーワークスへの入社を考えている方に一言お願いします

一生懸命で、一緒に楽しく前向きに働ける人と働きたいですね! プロジェクトでは色々なハードルとぶつかって行きますし、予定通りに物事が進まなかったり、方向性が読めない部分もあります。そのため、何事にも前向きに物事を進める柔軟性が大事だなと感じます。また、チームとして課題に向き合って行くため、自分の意見やアイディアを言える姿勢も大切ですね。