Domo

ビジネスサイドのマーケターを強力にサポートするDomo。Domoは課題発見型のBIツールの中でも、最もビジネスユーザーに寄り添ったツールの中の一つです。故にDomoでは、敢えてBIと呼ばず、「ビジネスのためのオペレーティングシステム」と自称しており、その言葉に偽りはありません。Domoを導入することで、ビジネスチャンスをもれなくキャッチすることが出来るでしょう。

パワフルで広大なETL

ETL(Extract、Transform、Load)は複数のシステムからデータを抽出し、抽出したデータを変換や加工をした上で「新たなデータ」の形として作成することを言います。Domoでは、グラフィカルなインターフェースのETLで直感的な操作ができ、SQL言語を知らないビジネスユーザーでも容易にデータを加工することが可能です。DomoのETLを活用することで、データの加工に費やす時間を極小にすることができます。

網を張り巡らしたコネクタ

システム間でのデータの連携は、かつては非常に難易度の高いものでした。しかしDomoでは500を超えるコネクタを準備。クラウド上でAPI連携するコネクタによって、数クリックでシステム間でのデータの連携が実現できます。更にWorkbenchというWindowsアプリケーションを導入することで、Excel、CSVといった非クラウドなデータ連携すらも容易に自動化することで、社内の散財したデータを統合することが出来ます。

ほぼ無限大のデータ操作

Domoは大量のデータを格納できます。そのデータの格納容量は”ほぼ”無限大*。あらゆるデータをDomoに集め、チャートを作成しておくことで、日々のビジネスのコンディションがリアルタイムに可視化出来ます。ビジネスユーザーは毎日Domoを閲覧することで、「どうなっているか?」ではなく、「どうすればよいか?」を導き出すことが可能となります。*Domoのデフォルト上限値は●●Bであり、該当するのはDomoユーザー企業のX%に過ぎません。