マーケティングテクノロジースタック基盤構想

様々なマーケティングツールを組み合わせて自社のマーケティング基盤に

概要OUTLINE

マーケティングテクノロジースタックとは

様々なマーケティングテクノロジー(ツール)の組み合わせたマーケティング業務の基盤を「マーケティングテクノロジースタック」と呼びます。多くのマーケティングツールが必要とされる背景から、マーケティングテクノロジースタックのポートフォリオを戦略的に行うことが必須になっています。

個別最適からの脱却

顧客接点がデジタル化し複雑になるにつれ、マーケティングツールも増え続けております。個別課題に合わせてツールを採用し続けることで、施策が断片化し、全体的な視点では施策もツールもサイロ化が進みます。ビジネスゴールやユーザー体験を軸とし、全体最適に向けたマーケティング基盤を設計します。

マーケティングテクノロジースタック構築におけるよくある課題

1複数のツールを導入しているが、きちんと使われているのか?そもそも導入の目的ってなんだったのかよくわからない

2マーケティング戦略が変更になり、新しいツールにリプレースしたいがsuite化されている為、部分リプレースが難しい

3ベンダーのビジョンに共感して導入したものの、高機能すぎて自社にはToo Muchな製品だった

4複数のベンダーと面談したが、製品の良さしか説明されないので、自社に適した製品か?既存のツールとの相性はよいか?見極めが難しい

5会社全体としてプラットフォーム最適化を検討しているが、各部門の意見や要望が合わず、答えがでない

サービスOUR SERVICES

サービスの特徴

アンダーワークスでは、特定のツールやベンダーに偏ることなく、クライアントのマーケティングの目的や運用体制、コストなど様々な視点で適したツール選定のお手伝いを致します。

1幅広いマーケティングテクノロジーの知見

アンダーワークスでは、毎年国内で利用可能なマーケティングツールをリサーチし、”マーケティングテクノロジーカオスマップ”をリリースしております。本リサーチを通じてテクノロジーやベンダー情報のアップデートやカテゴリー毎のトレンド情報を蓄積しております。

2中立にマーケティングツールを選定

特定のツールに偏ることなく、クライアントの目的や運用体制、コストに合わせて最適なツールを選択し実行します。

3日本未参入の海外ツールをご提供

企業のグローバルマーケティングを推進する上で、目的に応じて海外で活躍しているマーケティングツールをリサーチし、導入支援を致します。

主な支援内容

マーケティング戦略や、各部門ごとのミッション、運用フロー、体制など様々な情報収集による現状把握、ツールの機能や運用の課題抽出し全体基盤構想策定やポイントプロダクトリプレースによる最適化など様々なご支援を致します。

現状把握

現状の取り組みや課題を把握し整理します。

TOBE整理

目指すゴールとのギャップを整理し、理想のマーケティングテクノロジー構成を整理します。

ツール選定

要件定義からRFPを作成し、ベンダーコンペを実施しツールを選定します。

ツール導入・運用

プロジェクトの進行管理から各種設定・導入作業を行い、運用まで継続して支援します。

プロジェクト事例CASE
STUDIES

アンダーワークスがこれまでご支援してきたプロジェクト事例の一部をご紹介します。

デジタルマーケティングジャーナルDIGITAL
MARKETING
JOURNAL

デジタルマーケティングの最新トレンドや市場動向、テクノロジー解説、調査記事などを発信していくデジタルメディアです。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ