デジタルの重要性

企業と顧客とのデジタル接点はWebサイト・ソーシャルメディア・Eメールなど増え続けている。その重要性はますます高まっており、よりアクティブに情報を発信するようになってきている。

Webガイドラインの必要性

一方、デジタルチャネルの増加に際し、適切なガイドラインを設けずに運営がされているケースは依然多い。これは、ドメインの濫立・不揃いのデザイン・SNSへの不適切な投稿・インフラへの二重投資等にもつながる。

策定の難しさ

Webガイドラインを策定する場合には、個別のルールを採用するかどうかに議論が終始してしまい、体系的な考え方が採用されていないケースは多い。そこで、「Webガイドライン」を策定する際 に押さえるべき5つの重要ポイントを解説したい。

 ホワイトペーパー目次

  1. Webガイドラインの策定とは?
  2. Webガイドラインの定義とその目的
  3. Webガイドライン活用のあるべき姿
  4. Webガイドライン策定に向けて検討すべき5つの重要なポイント
  5. ポイント1:Webガバナンスの方向性
  6. ポイント2:Webガイドラインの適用範囲
  7. ポイント3:Webガイドラインの基本項目
  8. ポイント4:運用に関わる5W1Hの整理
  9. ポイント5:導入前後のフォロー
  10. Webガイドライン策定に向けたポイント1-5のまとめ

(全15ページ)

ホワイトペーパー(PDFファイル)のダウンロード

以下のフォームにご記入後、「次へ」をクリックして確認画面に進んでください。 ご登録完了直後にご登録されたEメールにホワイトペーパーダウンロード専用URLをお送り致します。 ※印の項目は入力必須項目です。Gmail Hotmail Yahoo!メールでのダウンロードは受け付けておりません。

下記の送信ボタンをクリックすることによって、弊社のプライバシーポリシーへの同意をしたものとさせていただきます。

2017年3月8日