マーケティングデータ活用実態調査 2023年版

アンダーワークス株式会社は、顧客データマネジメントの市場動向や大手企業の顧客データ管理への取り組みの実態に関しての調査をまとめた「マーケティングデータ活用実態調査 2023年版」を公開いたしました。
調査結果の本編資料(ホワイトペーパー)は、下記のフォームからダウンロードが可能です。

エグゼクティブサマリー

コロナ禍の3年間に、多くの企業がデータマネジメントの重要性を認識し、汎用クラウド基盤を利用したデータ統合に取り組む企業が引き続き増加しています。データ活用の課題感は人材、知識やシステムといったリソース面の課題から、経営層の理解や部門間の調整といった組織面の課題にシフトしており、実務サイドが日々の業務で感じていることが浮かび上がる結果となりました。
 
マーティング・営業の成果向上におけるデータマネジメントの重要性認識が定着
データマネジメントへの取り組みは二極化
業種による取り組みの差が固定化
・データ統合を達成した企業は増加したが、活用ステージの課題に直面
汎用クラウド基盤を採用する企業が全体の半数
課題のトップに「組織間の連携や部門間調整」が再浮上

 
調査結果のポイント解説は、こちらの記事をご覧ください。
「マーケティングデータ活用実態調査 2023年版」ポイント解説

調査概要

・調査対象者:東京証券取引所に上場している全企業約3,900社
・調査方法:郵送調査/インターネット調査(日経BPコンサルティングに委託)
・調査対象者の業種:全業種
・調査対象者の所属:マーケティング、広報、経営企画、総務、情報システム、営業企画、商品企画、広告宣伝部など
・調査対象者の役職:本部長、事業部長、部長、課長、主任クラス
・回答社数:278社
・調査時期:2022年12月1日-2022年12月31日
 
※マーケティングデータとは、オンライン・オフラインを問わず顧客接点から得られる、または外部から購入する、様々なマーケティング・販売・営業に関するデータの総称を指します。
※データマネジメントとは、マーケティングデータの統合基盤構築やデータ分析マーケティング施策へのデータ活用を指します。

本編目次

・エグゼクティブサマリー
・データマネジメントの重要性
・データマネジメントへの取り組み状況
・マーケティングデータ統合・活用の成熟度
・保有するマーケティングデータの種類
・データ活用への期待・目的
・連携・統合に優先度の高いマーケティングデータ
・データ統合基盤システムへの投資
・利用しているデータマネジメント基盤システム
・CDPの認知・理解度
・データ活用・管理に関するサービスへの投資
・利用しているデータ可視化ツール
・データ活用・管理の取り組みの課題
・データ活用・管理の取り組み課題に対するコメントの傾向
・データ活用・管理の取り組み課題に対するコメント
・現在の取り組み優先度と今後の意向

本編資料ダウンロード

以下のフォームにご記入後、「同意して申込む」をクリックしてください。
ご登録完了直後にご登録されたEメールアドレス宛てに、ダウンロードのURLをお送りいたします。
 
*印の項目は入力必須です。
※Yahoo, Gmailなどのフリーメールアドレスの登録は不可になります。
※「同意して申込む」をクリックすることで、弊社のプライバシーポリシーに同意をしたものとさせていただきます。
 

※フォームが表示されない場合は、次の方法をお試しください。
・JavaScriptを有効化
・Ghosteryなど広告ブロックのアドオンを停止
・異なるブラウザで当ページを開く

それでも解決しない場合は、お手数をおかけいたしますが、下記宛てにお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームが表示されない、メールが送られてこない等の不具合がございましたら、お手数をおかけいたしますが、下記宛てにご連絡くださいますようお願い申し上げます。

アンダーワークス株式会社
セールス&マーケティングチーム
sales@underworks.co.jp