• CDP
  • テクノロジー

【マーテク比較シリーズ:CDP】Customer Data Platformとは?8つの製品を比べてCDPを理解する。

新着・人気記事サマリーをメール配信 ニュースレター購読 申し込み 新着・人気記事サマリーをメール配信 ニュースレター購読 申し込み

今、デジタルマーケティング界隈でバズワードとして取り上げられているテーマのひとつがCDP(Customer Data Platform)だと考えます。

AdobeやOracle、SAPなどの大手ベンダーからもCDPのカテゴリとしての新製品発表がリリースされるなど、CDPは今後もますます注目される領域となるでしょう。
しかし、CDPは具体的な施策の見え辛い部分でのソリューションであるため、各ツールの特性や機能差もなかなか見え辛い領域であり、どんな観点でCDPを比較・検討していけばよいのか判断に迷うケースも多いと思います。
そこで今回は国内で利用可能なCDPツールを中心に、機能/特徴の比較を行いながらCDPとはそもそもどのようなテクノロジーなのか、どのような選択肢があるのかを紹介していきます。

是非、皆さんもCDPに対する理解を深めて下さいね。

そもそもCDPとは?

CDPとはCustomer Data Platformを略したものであり、各所で様々な定義がされています。我々アンダーワークスでは、CDPを次のように定義しました。

「様々な顧客データを一元管理し、なんらかのキー・識別子で顧客(人)ベースでデータが統合されている仕組み。他のマーケティングツールと繋がりマーケターがマーケティング施策実行に活用できるテクノロジー」
ポイントは、「顧客(の中でも個人)」単位でデータ(属性データや行動ログ)を統合し、その上でデータをマーケターが自由に抽出し、広告やメール、分析などのマーティング施策に利用できることです。この点が従来のDWHや3rdPartyDMPとは異なる部分と言えるでしょう。

CDPテクノロジーは国内・国外で合わせるとすでに100近いテクノロジーが存在しているのですが、いずれにも共通している機能は以下となります。 外部テクノロジーからCDPへのデータ収集 CDP内での顧客IDベースの名寄せとセグメンテーション CDPから外部テクノロジーへのデータ連携 CDPの概念やDMPとの違いについては過去の記事でも詳しく解説しておりますので、こちらも参考にしていただければと思います。

カスタマーデータプラットフォーム(Customer Data Platform、CDP)とは?

CDPテクノロジーを導入することでどのようなメリットがあるのか?

結論から言うと、パーソナライズ精度の向上です。

デジタルマーケティングの発展は、言い換えれば顧客接点をテクノロジーの力を使って強化する営み。顧客接点をより手広く、より深めていく取組と言えます。
そこで、MAやCMS、DSPなどの顧客接点をより最適化するためのマーケティングテクノロジーが生まれ、そして発展してきました。MAやCMS、DSPなどの各テクノロジーは、各顧客接点を最適化するために顧客データを溜め、そのデータを用いて施策を実施していきます。
しかしながら、より顧客接点を手広く、より深めていく取組を実施すればするほど各テクノロジー自身に「その接点にまつわる」データが蓄積されていき、テクノロジー間のデータの「分断」が加速してしまいます。
結果として、この顧客への接点がテクノロジー間で分断されることで、自社が顧客ニーズを検知できる機会を阻害する要因となってしまうことも往々にして起こります。

だからこそ、これらの分断した顧客データを統合し、あらゆる接点の顧客のデータを集めて顧客理解を深める、そのデータを用いてパーソナライズにつなげるCDPが注目されているのです。
ちなみにこうした顧客のデータを包括的に統合した状態を「シングルカスタマービュー」や「360°顧客ビュー」と表現することもあります。

CDPテクノロジーの比較

ここからはCDPテクノロジーの比較をしていきます。
今回はCDP(もしくは1stPartyDMP:こちらの詳細は上記過去記事を参照ください)と称し、現段階で国内での利用可能なサービスを中心に比較、特に各テクノロジーの強みとなる機能特徴を紹介していきます。
但し、CDPというカテゴリの要件を満たすことは、様々なチャネルのデータを収集して統合することです。そのため、CDPの本質的な目的はどのテクノロジーでも満たすことが出来るとも言えます。すなわち言ったもん勝ちな部分があるのが実情と前置きしておきます。
なお、CDPテクノロジーの各製品ごとに、外部とのデータ連携を簡易に実現するための連携コネクタを設けており、標準で繋がる・繋がらないといった細かい機能差が、大きく製品の特徴とも言えます。

そこで、筆者が感じるCDPテクノロジーそれぞれの強み・苦手なところをご紹介していきます。ただし、「横並びの比較ではなく」、同時に「記載がないから出来ないと直結するものではない」ことはご了承ください。まずは違いがあるんだな、という感覚を得てもらえればと思います。

いかがでしたでしょうか?アンダーワークスでは、上記の製品群についてコネクタ比較表も作成していますので、関心有る方はお気軽に直接お問い合わせください。

ただ、注意して欲しいのは、顧客データ統合、ひいてはCDP導入だけでは価値を生みません。そのデータを利用してどのような施策を行っていくか、というマーケティングビジョンと具体的な取組アイデアを先行して考えていくことが重要です。競合やベンチマークが利用しているから、という理由だけでなく自社での具体的な活用アイデアとともに検討を進めることで、CDP導入を成功に近付けることが出来るでしょう。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ

具体的な支援内容OUR SERVICES

本カテゴリーに関する各種支援サービスをご用意しています。目的や課題に合ったサービスページをご覧ください。

関連するツールTOOLS

デジタルマーケティングジャーナルDIGITAL
MARKETING
JOURNAL

デジタルマーケティングの最新トレンドや市場動向、テクノロジー解説、調査記事などを発信していくデジタルメディアです。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ