事例紹介

某精密機器メーカー
マーケティングテクノロジースタック方針策定

事例概要

某精密機器メーカーにおけるグローバル全体を見据えたマーケティングテクノロジースタックの方針と中期的なロードマップ作成を支援しました。

Purple light in the underpass

課題

某精密機器メーカーでは全社的にデジタルマーケティングを推進するため社内プロジェクトが立ち上がっていましたが、複数の異なる事業や地域・国がありマーケティングのやり方も異なる中で社内の知見も足りておらず、グローバルの全社的なマーケティングテクノロジースタックの方針を策定できない状況でした。

ソリューション

01

顧客の行動・タッチポイント整理

複数の異なる事業や地域・国がある中で主要な事業と地域・国をピックアップしそれぞれの顧客の行動とタッチポイントを整理しました。

02

マーケティングテクノロジートレンド調査

全体方針を考える上でクライアントの事業に即したマーケティングテクノロジーの領域を整理し、それぞれの領域におけるトレンドを調査しました。

03

マーケティングテクノロジースタック方針・ロードマップ策定

顧客の行動やタッチポイントとそのタッチポイント上で行うコミュニケーションに必要なマーケティングテクノロジーのトレンドをかけ合わせて整理を行い、クライアントの現状とのFit & Gapを行うことで全社的なマーケティングテクノロジースタックの方針を策定し、主要事業・地域における構築のロードマップを策定しました。

プロジェクト成果

マーケティングテクノロジースタックの方針と合わせてそれを推進するための組織とロードマップを策定したことにより、全社的な推進と各事業・地域におけるPoCの取り組みへの足掛かりとなりました。

サービスに関するお問い合わせ

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

CONTACT US

関連する事例

某通信事業者
BtoBデジタルマーケティングのあるべき姿とロードマップ策定

顧客とのデジタル接点の重要性が増す中で、顧客データの活用とデジタルマーケティングへの取り組みをどう加速させるか。目の前の課題だけでなく、業界トレンドや先進的なテクノロジーへの知見をベースに、数年後のあるべき姿を描き、何に優先度を置き、どのようなロードマップで実施していくのかを戦略として取りまとめました。

某金融業
Webサイトのユーザー調査と現状分析

今後Webサイトにどこまで投資すべきか判断するために、既存Webサイトのユーザー調査を行い定性的な現状整理の洗い出しと、アクセス解析ツールを使った定量的な課題の洗い出しを行いました。

Service

サービスTOP

戦略立案

スタック

BI

CDP