• MA

BtoBのEメールの件名に絵文字を入れてみた結果・・ 圧倒的な開封率の低さを証明

M Tajima

新着・人気記事サマリーをメール配信 ニュースレター購読 申し込み 新着・人気記事サマリーをメール配信 ニュースレター購読 申し込み

絵文字はEメールにも使うことができる

SNSのフィードやメッセージでよく使われている絵文字。わかりやすいかどうかは別として、目立ちますよね。私が友達になっている(フォローしている)ある航空会社のLINEでは、キャンペーンのお知らせに飛行機の絵文字がよくついています。

? 直行便就航記念? セール!片道29,800円〜

という感じです。

これがEメールだと、だいたい記号が使われます。メジャーなのは星マーク★です。

★直行便就航記念セール★片道29,800円〜

という感じになります。括弧【】もよく使われますね。

【直行便就航】★記念セール★片道29,800〜

など。記号をつけるだけで、受信ボックスに埋もれがちにEメールが目立って開封率に寄与するのでしょう。BtoC、BtoB問わず、多くのEメールの件名に記号が使われています

でも、Eメールの件名にも実は絵文字が使えるのです。Becky!など一部のメーラーでは使えないようですが、多くのメーラーが絵文字に対応しています。

では、「BtoB」業態で、Eメールに絵文字を使ってみるとどうなるだろう?というのが今回の実験です。(いやいや、堅いBtoBの業態でメールに絵文字はないでしょう・・ と、いう議論はありつつ、数字で違いをみないとね、という人柱です)

BtoBのEメールの件名に絵文字を使ってみた結果・・

今回の実験も、例によって弊社のデジタルマーケティングの無料セミナー案内メール。広報・マーケティング・IT部門の中堅・大手企業の方、数千名への配信をA/Bテストで実験です。絵文字は、件名の一番最初の文字としてつけました。

GDPR(ヨーロッパの個人情報保護規制GDPRが来年施行されることに関する)セミナーのメールには、EUの国旗??を、DOMO(様々なマーケティングツールのデータ可視化を実現するBIツール)のセミナーには、グラフ?をつけてみました。

結果です。まず開封率から。

BtoBのEメールで絵文字を利用結果
オープンレートは絵文字ありなしで2倍の差がついた

開封率で絵文字有りのEメールは、絵文字なしのEメールの半分以下でした。絵文字なしのパターンでは、19.9%の開封率ですが、絵文字有りだと開封率は8.4%になってしまっています。約2.5倍の差がつきました。圧倒的にパフォーマンスが悪い結果です。

そして、クリック率。

絵文字ありのEメールのクリック率
クリック率では4倍近い差がでた

クリック率は4倍以上の差がつきました。絵文字なしのEメールのクリック率は2.04%ですが、絵文字有りパターンだとそれが0.75%。絵文字をつけると、絵文字がないときの1/4以下のクリック率でした。

BtoBのEメールに絵文字は使うべからず

今回のまとめです。

BtoBのEメールの件名に絵文字を使うのはやめましょう。絵文字の種類によって差があるかもしれません、が、たくさんの絵文字の中から最適なものを選び続けるのは結構たいへんです。間違うと、圧倒的に開封率・クリック率が下がってしまいます。

考えてみれば、当たり前、なのかもしれませんが、数字で結果が示せるのは貴重だと思い記事にしてみました。BtoBのEメール配信で絵文字ってどうなの?という時があれば是非参考にしてください。
またもし、成功事例をご存知の場合は、教えていただけると幸いです。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ

デジタルマーケティングジャーナルDIGITAL
MARKETING
JOURNAL

デジタルマーケティングの最新トレンドや市場動向、テクノロジー解説、調査記事などを発信していくデジタルメディアです。

サービスに関するお問い合わせCONTACT US

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

お問い合わせ